遺品整理をしている父を見て感じたことについて

父の遺品整理は、ある意味では心の叫びを形あるものに置き換えて残したものだと思います。

遺品整理の仕事

遺品整理をしている父を見て感じたことについて

遺品整理をしている父を見て感じたことについて書かせていただきます。

それは、自営業という道を進んだ父らしい人生の整理をしていることが第一に理解できます。

自営業は何もないところから階段を上るように一歩一歩進んでいく仕事です。

他人とのライバルとの競争が激しい中で時にはライバルといえ、お互いに助け合って仕事をやっていく厳しい世界です。

そんな父の遺品整理とは、仕事でやり残したものを最小限にすることだと言えます。

二つ目は、家族を大切にしてきた大黒柱の責任ある行動の記録を残しておくことです。

それはたとえ、芸術作品であっても何でも構わないのですが、父なりに家族とこういう家庭を作ってきたんだという証を残しておくことができればそれで良いのではないかと思います。

楽しい家庭を築くにはこういう生活が必要だったとか、金銭的にはこういうやり方が良かったとか、父なりの感じたこと、反省したことなどがあると思います。

その意味では、父の遺品整理は生前からこつこつと家族に内緒で人生の片づけをしていたことが理解できるのではないかと思います。

家族を守るという使命に燃えて散った父の姿はいつまでも家族の心に残ること間違いないでしょう。

遺品整理とは、ある意味では父の心の叫びを形あるものに置き換えて残したものだと思います。

< 関連情報サイト>
遺族年金

Copyright (C) www.chilcotinproperty.com. All Rights Reserved.

遺品整理の仕事