遺品整理を専業に受け持っている業者を探す際には御注意を

遺品整理を行う際には専業の業者に任せたほうがいい場合もあるが、悪徳業者につかまらないよう情報を集める必要がある。

遺品整理の仕事

遺品整理を専業に受け持っている業者を探す際には御注意を

遺品整理を行う際に、手帳や貯金通帳、故人の日記などは必要になる場合もあり、1年から2年は保管されます。

次に財産としての価値がある、家財道具、衣類や家具、電化製品などは形見分けするものもあれば、されない物もあります。

大きさ的にも形見分けするには大きすぎたり、引き取り先のなさそうな物に対しては、そういった遺品整理を専業している業者に処分を任せる事もあります。

やはり利用する理由としては、遺品整理を個人でするにはあまりにも量が多い為一括で頼みたいといった事や、故人の残したゴミの量が多く一人では片づけられらないといった事が多いそうです。

ただ、この遺品整理を専業にしている業者が曲者で、ちゃんと引き取ってくれて、かつ引き取り前の金額で処分してくれる所は良いのですが、ひどい業者だと、遺品をすべて積み終わった後に、請求金額の何倍の金額を請求したりするそうです。

また、無料だと聞いていたのに、積み終わった後に有料であると料金を請求されたり、特定の電化製品に対して、回収費用は無料であると聞いていたけれども、実は費用がかかったり、回収した遺品を違法投棄するなどの悪徳業者も存在します。

もちろんちゃんとした業者もいますが、毎年悪徳業者の被害にあっている人の相談件数が200件以上ある為、十分に注意する必要があります。

< 関連情報サイト>
遺族年金

Copyright (C) www.chilcotinproperty.com. All Rights Reserved.

遺品整理の仕事